• 百千兆
  • 百千兆
  • 百千兆
  • 百千兆
牛の部位

2021年 08月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
2021年 09月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   

※ネット店と実店舗では
営業時間・休業日が違います。

メルマガ登録
LINE友だち追加 インスタグラム登録 Twitter登録
 

お肉の解凍方法・解凍した肉を調理する際のポイント


お肉の解凍方法

当店のお肉を美味しく召し上がっていただくためのコツをご紹介します!


自然解凍 おすすめ★



調理をする前日に冷蔵庫でゆっくり解凍するのが美味しさを保つコツです。調理をする30分前に冷蔵庫から取り出し、室温に戻してください。

流水解凍



急ぐ時は流水解凍で、水が入らないように密閉したポリ袋に入れ、 ボウルなどにお水をためて、お肉が浮かばないようにお皿などで重しをして、水をかけて解凍します。


電子レンジ解凍


本当に時間がない時の最終手段です。レンジで解凍する際は皿にキッチンペーパーを敷き、その上に包装をすべて取り除いた肉を乗せます。ラップなども必要ありません。自宅の電子レンジに解凍機能が付いている場合は、解凍機能を使用しましょう。加熱機能のみの電子レンジを使用している場合はワット数を1番低く設定し、短時間ずつ様子を見ながら加熱してください。 この方法は肉の品質を劣化させてしまう恐れがあるため、急ぎの場合以外にはおすすめできません。


解凍した肉を調理する際のポイント


ステーキ


焼き方にこだわりがなければ、肉汁や肉のうま味を存分に堪能できるミディアムレアがおすすめです。
ここでは手順に沿って、美味しく仕上げるコツをお教えいたします。




【特におすすめの部位】サーロイン(腰にあたる部位)
「ステーキといえばサーロイン!」といわれるほど、ステーキ用の肉として有名。やわらかく甘みがあり、ジューシーな霜降りが多いことが特徴で、焼くと甘い肉汁が口の中に広がります。

‘が縮むことを防ぐため、まず肉の筋に2、3ヶ所切れ目を入れておきます。

△修里泙涵鏖垢30分から1時間ほど置き、肉の中までしっかりと常温に戻しましょう。
ただし、長く置き過ぎると脂が溶けてしまう場合があるため、注意が必要です。

質の良い黒毛和牛の場合、塩・コショウは軽く振りかけるだけで十分です。
その後牛脂を入れたフライパンを強火で熱し、肉の両面に焼き色を付けます。
片面1分半から2分ほどでフライパンから出しましょう。

ぜ茲蟒个靴親はすぐにアルミホイルで包み、1分から5分ほど置いて肉汁を落ち着かせます。
これで、美味しいミディアムレアのサーロインステーキの完成です。


ローストビーフ


厚みのある肉を手にしたら、ローストビーフにするのがおすすめ。
ここでは厚さ5cm・300〜400g程度の肉を基準にしたレシピをご紹介します。




【特におすすめの部位】ランプ(腰から尻、ももにかけての部位)・イチボ(尻の先にあたる部位)
赤身の美味しさを味わうなら、ランプ。きめが細かく脂肪分が少ないので、冷めてもおいしく召し上がっていただけます。またランプに隣りあうイチボは、牛1頭から数百グラム程度しか取れない希少部位。霜降りが多いので、よりやわらかな触感を好まれる方におすすめです。

‘を室温に戻します。

▲侫薀ぅ僖鵑魘火で熱し、牛脂を溶かして全体になじませます。

焼く直前に適量の塩をまんべんなくふりかけた肉を△貌れ、
各面にしっかり焼き色がつくまで焼いていきます。

ての表面を指で押してみて、ほどよい弾力があれば焼き上がりのめやすです。

キい鬟▲襯潺曠ぅ襪琶颪漾⇒焦で火を通します。
あら熱がとれるまでしっかり時間を置くことが大切です。
このくらいの大きさの肉ならば、オーブンを使わずフライパンでも
簡単に美味しくローストビーフを焼くことができます。

そのまま冷蔵庫に1日入れておくと、カットする時に肉汁が出にくくなります。
お好みの厚さに切り分けて胡椒をかければ更に美味しくお召し上がり頂けます。




お肉を美味しく食べるコツ

‐討前に「筋切り」を
かたく筋っぽい部位は、繊維に対して直角に包丁を入れると食べやすくなります。
ロースなどでステーキやソテーを作るとき、繊維に沿って切ると、きれいに焼きあがります。
また、赤身と脂肪の間の筋を数か所切れば、反り返りが防げます。

△燭燭い徳^櫃魏す
厚みのある肉やかた肉など筋っぽい部分は、肉たたき(瓶でも可)などで均一にたたいて繊維を壊すと、
食感がやわらかくなります。

D缶N舛鬚弔韻討く
肉は炒めると油でコーティングされ、味がしみ込みにくくなるので、
あらかじめ下味をつけておくと、肉のくせもやわらぎます。
また、下味の前に少量の砂糖をすり込むと肉の中のコラーゲンと水分が結びつき、
やわらかくなります。酒やワインも同様です。
煮込み料理には、ビールやコーラ、酢を加えてもやわらかくなります。

な匏粉をつける
ステーキなどを焼く場合、焼く直前に薄く片栗粉をまぶすと水分が逃げず、やわらかくなります。
ごく薄くまぶすのがコツです。

ゲ綿の酵素を活用する
パイナップルやキウイなどのすりおろしを肉に加えると、酵素の力でやわらかくなります。
焼く前に10〜30分ほど漬け込みます。

ページトップへ